ダイエットで夢プロポーション実現|メス無し整形で叶える美ボディ

女性

効果的に痩せるためには

順調に減量するには

比較

ダイエットにおいて注意しなければならないことは、リバウンドをしてしまうということです。日本人のダイエット経験者の約60%が、リバウンドをしたことがあるという結果が報告されています。これは、食事制限のみでダイエットをして短期間で減量した場合に多く見られます。リバウンドを繰り返していると、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。また、大幅な増減を繰り返すことで血圧が高くなったり低くなったりと安定しないため、心臓や血管に悪影響を与え重大な病気に繋がる可能性があるので注意が必要です。リバウンドを避けるためには、食事制限のみで急激に減量をするのではなく、継続することができる運動を合わせて長期的に行うことが大切です。適度な筋肉をつけることで、健康的に痩せることができます。体重にとらわれるのではなく、見た目で引き締まっているかどうかを意識することが重要なのです。また、順調なダイエットに必要なことがあります。ダイエットを始めた頃は順調に体重が減少しますが、徐々に落ちにくくなります。これは停滞期と言い、ホメオスタシスという身体の機能によって、エネルギー消費を減少させているからです。これを働かせないためには、1か月に5%以内の体重減少にとどめる必要があります。

美味しく減量するには

ダイエットというと、食事制限によって食べるものが制限されたり、毎日のご飯を少なくしたりと多くのストレスとなる場合があります。しかし、日々の食事を工夫するだけで、できるだけストレスを感じることがなくダイエットをして痩せることができます。これにプラスして、筋トレやウォーキングなど日々の運動を行うことで、ダイエットに非常に高い効果をもたらすことが可能です。料理の工夫の仕方は、食材を別のものに置き換えしたり、低カロリーな食材でかさ増しをすることが効果的です。例えば、ハンバーグなどは好きな人が多くとても人気な料理です。しかし、カロリーが高くダイエットには不向きな料理です。そこで、材料のひき肉を豆腐に置き換えます。豆腐だけの食感や風味が苦手と言う人は、ひき肉と豆腐を半分にしてもカロリーを抑えることができます。フワフワな食感のハンバーグができ、ケチャップやデミグラスソースを使わずに青ジソとポン酢などで食べると、和風なハンバーグとなり大幅にカロリーを削減することができます。この他にも、パスタをしらたきで置き換えたり、低カロリーで有名なもやしは様々な料理のかさ増しに使うことができるので非常に便利に使用することができます。